電験ってなに!? ー 電験三種の難易度は? 参考書はどれがいいの? ー

資格なしの電気素人が いきなり電験三種取得を目指すが、一体この先どうなる!? そもそも「電験ってなに?」というレベルからスタート

まずは電験参考書の購入、ネットでよく目にする「お勧めの電験三種参考書」を選んでみた

f:id:kermn:20180912150525j:plain

先輩のアドバイスを真に受けてすっかりやる気になった私は、ネットで電験三種について調べてみました。

正式名称は第三種電気主任技術者試験

資格を取得すると5万ボルト未満の事業用電気工作物の主任技術者に選任されることができて、これの工事、維持、運用に携わる

試験は理論、機械、電力、法規の4科目を受験する

科目別合格制度により科目ごとの合格が認められていて、4科目を3年間で合格すればいい

試験は年一回で9月の第一日曜日に行われる

受験料は5000円程度、インターネットで申し込みができる

など、色々なことを知りました。

 

 

私が使った電験参考書

勉強するためには、まず参考書と問題集が必要です。

参考書はネットで評判の良さそうなものを探して購入しました。

参考書を紹介しているサイトを見ると、だいたい同じようなものを紹介しているので、それを使えば間違いはないのだろうと思い、Amazonから4科目分注文しました。

 

とりあえず、オーム社の「よくわかる」シリーズを購入してみました。

Amazonでは中古の本も選んだので、それほど費用はかからなかったですね。

 

電験三種 よくわかる理論 (なるほどナットク!) 電験三種 よくわかる機械 (なるほどナットク!)

電験三種 よくわかる電力 (なるほどナットク!) 電験三種 よくわかる法規 (なるほどナットク!) よくわかる」シリーズ 

 

「よくわかる」シリーズを使ってみた感想ですが、これは電験の入門書ですね。

なかなか読みやすいです。

読みやすいのですが、足りないところが多い気がします。

基本的なことは書かれていますが、それ以上のことは書かれていません。

実際、過去問を解き始めて気付いたのですが、参考書では説明されていない問題がたくさん出てきます。

内容はやさしくてわかりやすい反面、難しい内容は省かれているようです。

 

結論から言うとこの参考書だけでは内容が足りず、合格は難しいと思います。

わかりやすいのですが、あくまでも入門用の本なので、さらに詳しい参考書を買う必要がありそうです。

 

参考書は各科目1冊だけで済ませたかったのですが、少し甘かった。

 

 

次に購入したのが、誰でもわかる電験参考書研究会の「誰でもわかる電験参考書」です。

これはネットで見つけました。

評判も良さそうだったのでまずは、「電験超入門」という入門書のダウンロード版を買ってみました。

f:id:kermn:20180912103027j:plain 「電験超入門」 

 

 これは読みやすくていいですね。
会話形式の入門書で、基礎的なことがわかりやすく説明されていて電気の基礎が理解できます。

 

 

次に、理論~法規の4科目のダウンロード版を購入しました。

f:id:kermn:20180912101414j:plain f:id:kermn:20180912101440j:plain

f:id:kermn:20180912101512j:plain f:id:kermn:20180912101536j:plain 「誰でもわかる電験参考書」 

 

これも、紹介文では入門用と謳っているのですが、その内容は入門用にとどまらず、難しい内容についても詳しく説明されています。

 

最初にこちらを買っていればこれだけで足りたかもしれませんが、

何も失敗せず全てがうまくいく、なんてことはそうそうないので、こんなものでしょうね。

 

ネットで調べると、合格した人も色々な参考書を購入しているようで、1種類の参考書だけで合格した人は少ないです。

 

なかには電験参考書の費用だけで10万円以上使った人もいるらしく、

それに比べれば、私などはまだいいほうかもしれません。

 

 

参考書以外の電気入門書

私は参考書以外にも電気の入門書を何冊か読みました。

これは購入せずに、図書館で良さそうなものを色々と借りて読みました

  

マンガでわかる電気・マンガでわかる電気 (オーム社)

 

 

マンガでわかる電気回路・マンガでわかる電気回路 (オーム社)

 

 

マンガでわかる電磁気学・マンガでわかる電磁気学 (オーム社)

 

 

オーム社から出版されているマンガでわかるシリーズですが、マンガだから誰が読んでもわかりやすいだろうと思ったのですが、意外に難しい部分もあります。

でも、とっつきやすいので、最初はこれもいいと思います。

もし、中古で安いものがみつかったら購入してみてもいいでしょう。

 

 

f:id:kermn:20180912102542j:plain・電気なるほど事典 (ナツメ社)

 

 

図解入門はじめての人のための電気の基本がよ~くわかる本 (How‐nual VisualGuideBook)・電気の基本がよくわかる本(秀和システム)

 

 

面白いほどよくわかる電気のしくみ (学校で教えない教科書)・面白いほどよくわかる電気のしくみ(日本文芸社)

 

 

図解入門よくわかる最新モータ技術の基本とメカニズム (How‐nual Visual Guide Book)・モータ技術の基本とメカニズム(秀和システム)

 

 

「電気なるほど辞典」や「電気の基本がよくわかる本」等では電気回路、フレミングの法則や交流の基礎、蛍光灯のしくみ、モーターの回転する原理など、その他色々と理解できます。

 

モーターの仕組みについては、秀和システムの「モータ技術の基本とメカニズム」がわかりやすくて良いですね。

参考書にはモーターの仕組みについては、それほど詳しく書かれていなかったので役に立ちます。

 

電気について自信のない人は、電験参考書ではなく、電気についてやさしく書かれた一般書を先に読んでおくといいですね。